カテゴリー別アーカイブ: 健康

健康関連の話題・情報

ひざ痛治療ー3

7.筋膜はがし:
 手術を回避できた!血管や神経の圧迫を取り ひざ痛を大軽減する「筋膜はがし」
あらき心療クリニックの荒木隆次院長のお話。ここでは心療内科医の荒木院長が「筋膜はがし」という外科の施術を用いて、心療内科を訪れる不眠やうつの患者の治療をしてゆく中でこの外科的施術でうつ症状患者に効果的であったという。同時にひざ痛や腰痛にも
効果があったというので紹介されている。筋膜にはなじみがないので、詳細みると、
続きを読む ひざ痛治療ー3

ひざ痛治療ー2

4.焼き梅干し:
 ”「ひざ痛の激痛消えた」「正座できた」と話題騒然 焼き梅干しはひざ痛の特効薬」
崇城大学の村上光太郎薬学博士のお話。焼き梅干しの鎮静効果でひざ痛がよくなるという。
この村上博士は薬草研究で著名な方だが、梅干しを焼くとマグネシウムなどのミネラルの働きで血液の循環が良くなり代謝が活発になってひざ痛の改善に役立つと説明。
続きを読む ひざ痛治療ー2

ひざ痛の治療ー1

じいじも膝が悪いので、壮快2016年5号の中古本を手に入れて勉強してみることとした。

1.軟骨再生ウォーキング:
 ”薬も注射も無効のひざ痛が解消!変形性ひざ関節症に効く軟骨再生ウォーキング”
と題し、千葉大学の渡辺淳也准教授が提唱されるもので、”1回10分のウォーキングを
続きを読む ひざ痛の治療ー1

血圧を測ってみた

血圧を測ろう
ということで、朝晩の血圧を測りだした。血圧計はTerumoのPREMIAGE ES-P600.を使った。
その結果、各平均値は 朝(朝食前)収縮期155mmHg,拡張期105mmHgで、
           夜(就寝前)収縮期135mmHg,拡張期95mmHg、とまだ六日なので結論は早いのかもしれないが、
じいじの場合は朝が高いようで、その平均値は、もう立派な高血圧症になっているではないか、そこで、また健康雑誌の
「健康2016年6月号」で黒豆の記事を探し当てた。薬に頼らず、何とか高血圧から脱したいというのが本音であるが。
続きを読む 血圧を測ってみた

認知症の予防チェック

66歳になって心配なのが、「認知症」気になって「健康」という書籍で「認知症、うつを自分で封じる」というフレーズを見て自分なりに調べてみた。ここで学んだことと”じいじ”なりの対処をとりあえず出来ることでまとめてみた。
以下「健康2016年6月号」より
続きを読む 認知症の予防チェック

血圧対策では薬に頼らずに

この間の健康診断の結果、判定医のコメントで 「総合判定”C”軽症高血圧について経過観察の必要があります。」とあり。
他はすべて”A”なのに血圧だけが、”C”でその数値は、収縮期140mmHg,拡張期95mmHgであった。これは収縮期130mmHg,拡張期85mmHgの範囲を超えるということで”C”になったようだ。ちなみに3年半前の健康診断では118mmHg,80mmHgだから確かに高くなっていると言わざるを得ない。
続きを読む 血圧対策では薬に頼らずに

『糖尿病の新常識』 で学んだこと

壮快2015年11月号
・『糖尿病の新常識』ここで学んだことと”じいじ”なりの対処をとりあえず出来ることでまとめてみた。

①愛し野内科クリニック岡本 卓院長の
『血糖値は高めが長生き!心筋梗塞や脳梗塞を防ぐには緩やかにコントロールせよ』
現在、糖尿病の病状の程度を測る指標はヘモグロビンAlcで血糖状態がわかる数字ということ。
その基準値は4.6から6.2%となっている。健康診断で測られるのは空腹時血糖値というもので6.2%に相当するのは110mg/dlとなるようだ。吾輩が7月に受けた健康診断では91mg/dlだから、正常範囲というわけでまずは一安心。
続きを読む 『糖尿病の新常識』 で学んだこと

「女も男も人生が輝く性の強化書」より学ぶ

壮快2015年11月号『』
どこかのブログで「特集:女も男も人生が輝く性の教科書」というフレーズがあったので中古本を手に入れ読んでみた。
・糖尿病、血糖値、高血圧など項目に並び美人栄養士が極秘を伝授とある「女も男も人生が輝く性の教科書」とある。熟年者に属する”じいじ”にはどれも興味あるが、やはり「性の強化書」という文字に惹かれた。ここで学んだことと”じいじ”なりの対処をとりあえず出来ることでまとめてみた。
続きを読む 「女も男も人生が輝く性の強化書」より学ぶ

ふざけるな と言いたい精神科医

現役で会社勤めをしていた頃「うつ病」という病にかかり、神経内科(最近は精神科と区別するようだ)に通った経験を述べてみよう。
職場での「うつ」が多いのは、当たり前だが、仕事のプレッシャーだけでなく人間関係での行き詰まりが積み重なって自分をコントロールすることできなくなってしまったようだ。
続きを読む ふざけるな と言いたい精神科医

胃検診ではバリウム御免だ

65歳を過ぎると市保健局から高齢者向け特定健診を受けるように案内が送付される。
一般の健診は無料なので毎年受けることにしているが、胃がんの早期発見を目的に胃のX線検査がある。いわゆるバリウムを飲んでX線撮影で胃に異常があるかないかを調べるものだが、前回はえらい目にあった。
続きを読む 胃検診ではバリウム御免だ