ばあさん 救急車にのる

夜中の3時過ぎに、隣のベッドで寝ていたばあさん(63歳)が、「頭が痛い、耳鳴りがして寝られへん」と、じいじは起こされた。「さっきから耳鳴がガンガンして座っていたが止まらずに声をかけたのだという。顔色も少し悪いようだ。ひょっとしてくも膜下出血やも、
と思い、直ぐに119番して「名前は□□、63歳、女性、耳鳴りがして頭が痛くて、救急車をお願いします、意識はあります。住所は○○町××番地、」と消防署に救急車をお願いした。 続きを読む ばあさん 救急車にのる

接骨医も推薦、「冬の寝床に優しい湯たんぽ」

季節は大寒で文字通り寒い日が続くが、「冬の寝床に優しい湯たんぽ」をじいじは実践しておる。子供のころはいわゆる陶器というか赤土を焼いたような豆炭「こたつ」で、夕方になるとかんてき(世に言う七輪)で豆炭に火をつけ赤くなったのをこたつの灰をかぶせて布団を暖めていた。そのその豆炭を入れたのを家族の布団に配るのが子供の手伝い仕事じゃった。夕方に豆炭を入れ替えると翌日の昼ぐらいまでは温かだった。P1300009
続きを読む 接骨医も推薦、「冬の寝床に優しい湯たんぽ」

神戸製鋼VS東芝

ラグビーのテレビ中継を観た。NHKでトップリーグ(以前の社会人チーム)
の「神戸製鋼VS東芝」である。両チーム共、トップリーグに移行する前からの強豪である。トップリーグは12月から再開し、今週は11週ということだ。これまでの成績では神戸製鋼が8勝2敗勝ち点48の4位、東芝は4勝6敗勝ち点22の8位である。
続きを読む 神戸製鋼VS東芝

ひざ痛治療ー3

7.筋膜はがし:
 手術を回避できた!血管や神経の圧迫を取り ひざ痛を大軽減する「筋膜はがし」
あらき心療クリニックの荒木隆次院長のお話。ここでは心療内科医の荒木院長が「筋膜はがし」という外科の施術を用いて、心療内科を訪れる不眠やうつの患者の治療をしてゆく中でこの外科的施術でうつ症状患者に効果的であったという。同時にひざ痛や腰痛にも
効果があったというので紹介されている。筋膜にはなじみがないので、詳細みると、
続きを読む ひざ痛治療ー3

ひざ痛治療ー2

4.焼き梅干し:
 ”「ひざ痛の激痛消えた」「正座できた」と話題騒然 焼き梅干しはひざ痛の特効薬」
崇城大学の村上光太郎薬学博士のお話。焼き梅干しの鎮静効果でひざ痛がよくなるという。
この村上博士は薬草研究で著名な方だが、梅干しを焼くとマグネシウムなどのミネラルの働きで血液の循環が良くなり代謝が活発になってひざ痛の改善に役立つと説明。
続きを読む ひざ痛治療ー2

ひざ痛の治療ー1

じいじも膝が悪いので、壮快2016年5号の中古本を手に入れて勉強してみることとした。

1.軟骨再生ウォーキング:
 ”薬も注射も無効のひざ痛が解消!変形性ひざ関節症に効く軟骨再生ウォーキング”
と題し、千葉大学の渡辺淳也准教授が提唱されるもので、”1回10分のウォーキングを
続きを読む ひざ痛の治療ー1

『妻を「夫源病」にしないため』 じいじの取り組み

『妻を「夫源病」にしないため』という投稿が新聞に掲載されていた。投稿主は神奈川県の精神科医で、その主旨は
『①うつなどストレス症状を訴える60代の女性の話を聞くと「夫源病」である。
 ②「夫源病」とは、定年後、毎日家にいる夫への世話でストレスがたまるのが原因
 ③妻にとって、夫はふだんは面倒なうっとうしい存在である
 ④妻を「夫源病」にしたくなければ、なるべく家を空け、妻に今まで通りの生活をさせてあげること』とある。
この投稿に対して意見が4つ紹介されている。
続きを読む 『妻を「夫源病」にしないため』 じいじの取り組み

血圧を測ってみた

血圧を測ろう
ということで、朝晩の血圧を測りだした。血圧計はTerumoのPREMIAGE ES-P600.を使った。
その結果、各平均値は 朝(朝食前)収縮期155mmHg,拡張期105mmHgで、
           夜(就寝前)収縮期135mmHg,拡張期95mmHg、とまだ六日なので結論は早いのかもしれないが、
じいじの場合は朝が高いようで、その平均値は、もう立派な高血圧症になっているではないか、そこで、また健康雑誌の
「健康2016年6月号」で黒豆の記事を探し当てた。薬に頼らず、何とか高血圧から脱したいというのが本音であるが。
続きを読む 血圧を測ってみた

認知症の予防チェック

66歳になって心配なのが、「認知症」気になって「健康」という書籍で「認知症、うつを自分で封じる」というフレーズを見て自分なりに調べてみた。ここで学んだことと”じいじ”なりの対処をとりあえず出来ることでまとめてみた。
以下「健康2016年6月号」より
続きを読む 認知症の予防チェック

血圧対策では薬に頼らずに

この間の健康診断の結果、判定医のコメントで 「総合判定”C”軽症高血圧について経過観察の必要があります。」とあり。
他はすべて”A”なのに血圧だけが、”C”でその数値は、収縮期140mmHg,拡張期95mmHgであった。これは収縮期130mmHg,拡張期85mmHgの範囲を超えるということで”C”になったようだ。ちなみに3年半前の健康診断では118mmHg,80mmHgだから確かに高くなっていると言わざるを得ない。
続きを読む 血圧対策では薬に頼らずに